1. TOP
  2.  ›  
  3. 仕事のこと
  4.  ›  
  5. 仕事と効率化
  6.  ›  
  7. 仕事のミスがミスを呼ばないように、必ずしたい1つの事

仕事のミスがミスを呼ばないように、必ずしたい1つの事

公開日: 最終更新日: カテゴリ:仕事と効率化

この記事は約1分14秒で読めます。

だいたいの人は仕事が忙しい時にミスをしてしまうのではないでしょうか?

例えば、作業的なタスクに取り掛かっている時、電話が鳴り、電話の内容の担当者に伝言を頼まれ、電話を切った瞬間、上司に呼ばれて次回のミーティングの資料を作ってほしいとの事、
その間に自分宛の電話がかかってきてたようで、自席にはメモ書きが、、
しかも、すぐに対応をせまる内容のメモ書き、、

ここまで、矢継ぎ早にタスクが発生すると、最初の電話の取り次ぎ伝言は忘れてしまうというミスをする管理人です(笑)

【結論】一回目のミスでまず深呼吸

仕事のミスがミスを読んでしまう前にしときたいことは、唯一つ「深呼吸」です。

ミスをする前に無意識的にも「イライラ」しているのではないでしょうか?
その「イライラ」をなくすためにも深呼吸。

仕事中にミスしたことを思い出してしまったら、、その時もすぐに「深呼吸」
仕事のミスをした後は、何はともあれ深呼吸です。
本気反省はその後にしましょう。

ミスした後の深呼吸のポイント

普通に深呼吸するのでも良いと思うのですが、管理人が思うポイントはこれです。

  • ため息混じりの深呼吸をしてみる
    そのまま(笑)息を吐くときにおもいっきりため息するように吐いて、普通に吸い込む
  • 思いついたら深呼吸
  • とりあえず思いっきり吸って、思いっきり吐く
  • 吐く時はお腹の空気を全部吐き切る勢いで
  • 吐く時に、嫌な気持ちやストレスなどを吐く息に乗せて吐く

ミスをしたらミスの空気が流れる

あの独特の空気感、職場で感じたことはありませんか?
管理人が敏感なだけかミスの空気感を感じます(笑)

特に重要なみんなが関わるような事柄のミスで全体の空気感は変わります。

この空気感はなかなか良く変えることは難しいのですが、、できるなら、その後の仕事はもうしないといった大きなインパクトがある事ではないと難しい部分です。

今回、仕事のミスの後には深呼吸をおすすめしましたが、深呼吸はなんにでも応用できます。

イライラした時はもちろんのこと、ここぞときの気合の深呼吸や大自然の中でする深呼吸などもおすすめです。

合わせて読みたい「仕事と効率化」の記事

記事タイトルとURLをコピーする

仕事のこと」の関連記事

仕事とツールPCメガネ

公開日: 更新日:

PCメガネを使わずにブルーライトをカットする方法

管理人は一日の半分はPCの前にいる仕事と趣味を持っています。 なので、人生の大半の時間をPCの前で...続きを読む

プレゼン

公開日:

話下手でも安心!プレゼンのコツ

とある不動産会社でWEB担当者の仕事をしているのですが、今までコードばかり書いてたので慣れないことば...続きを読む

仕事と効率化資料

公開日: 更新日:

資料の印刷の効率化

資料を作成して印刷する機会がすごく増えましたね [adsense] WEB担当者のお仕事を初...続きを読む

仕事とツール

公開日: 更新日:

感動ジャケットをカジュアルに使うのはもったいない【ユニクロ】

セットアップの安いスーツを探している方に、ユニクロの感動ジャケット&感動パンツをオススメします! し...続きを読む

コメントを入力

なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA